稲村雲洞遺墨展 を観てきました!

東京のセントラルミュージアム銀座で
2018/10・23~28まで行われた
稲村雲洞遺墨展  ―気韻の書、再び―
を初日に拝見しました。

 

 

 

稲村雲洞先生といえば、奎星会を代表する前衛書の大御所。
精力的に日本の現代書界を牽引してこられ、2年前に逝去され、
今回その遺墨展の開催となりました。

”書は心象を造形化した自らのメッセージであり生き様の証が内在する”

まさにその気韻をとエネルギーを感じさせる素晴らしい展覧会でした。

 

作品は前衛書ばかりではなく、そのバックボーンとなっている金文をはじめ、ありとあらゆる書体の研究と研鑽

 

そして、会場の壁面いっぱいに掲げられた超大作と
展示ケース内に飾れれている超小品の篆刻や多種のを組み合わせた折帖

という両極の対比

 

書のすべてが、稲村雲洞先生のなかには存在している

まさに書の申し子のような方だったんですね。

毎日の般若心経の揮毫は日記を書く感覚だったのでしょうか。

 

そして、永平寺に奉納された ”喜悦心” は金字塔となる作品になるのではないかと思いました。

 

 

 

自在に書を操って、自分の中のエネルギーを書という形態を通してして宇宙に発散している、

そして書くこと・彫ることを心から楽しんでいらっしゃる

そんな作品にふれることができ、感動的は一時でした。

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ