刻字作品 ”不滅” ができるまで みせちゃいます (色塗りと箔貼り)

さて、新年も3日目。
私に残された 日本刻字展への出品作品 ”不滅” 
の作成のタイムリミットは あと3日

 

どうにか昨日までで 彫り が終わったので、
次は バックの色塗りに入ります。

今回は アクリル絵の具の “ブルー バイオレット”
この青味がかった紫 私の好きな色なんです。

まずは 字の彫った立ち上がり と 擦れ の部分から色を入れていきます。

 

 

 

色塗り終了(板の側面も塗ります)

 

 

さて、これからは、字の表面に “カシュ―” という合成漆を
指にとって、表面に たたき込むようにつけていきます。

これが、べたべたで匂いもあり、結構大変な作業かな。

カシュ―がついた指は カシュ―薄め液(シンナー) を布にしみこませて拭きとらないととれないので、
匂いでむせないように、

換気扇フル回転です。

私、こんなことやっているから、ジェルネールとかはできないんですよね。

指がひっつくくらい、粘りがでてきたら OK

 

 

さあ、箔をはっていきます!

今回は ”滅” をプラチナ箔、 ”不” を金箔にしてみます。
この プラチナ箔 と 金箔  結構お高いんですよ。

 

 

箔を あかし という紙につけて、適当な大きさに切って
貼っていきます。

 

 

 

 

どうにか、貼り終えました。

あとは、カシュ―が乾くまで、最低1日はそのままおいておきます。

 

やっと、先が見えてきました!!

 

 

 

 

最後までお読みいただき、有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ

刻字のワークショップ・書道教室の体験は随時受付けてます。
こちらからお問い合わせくださいませ。
↓ ↓ ↓
1221ikeyama@gmail.com

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ