第38回日本刻字展 (第3弾:自分の作品と特別企画展)

2019/1・20~26
上野の東京都美術館で開催されていた
第38回日本刻字展
に出品した自分の作品と、特別企画展について
ご紹介します!

まずは、今回の私の作品 ”雪窓(窓の雪)”

 

 

 

緑の部分が ”窓” 篆文で表したもの
プラチナの部分が ”雪”

夜、部屋の中から、窓の枠を通して、深々と積もっていく雪を眺めている
そんなイメージで作品をつくってみました。

窓枠もあまり固くならないように周りをちょっと削り、中の斫りも雪が降っているイメージをだすために、丸鑿を使ってみました。

深々と降り積もっていく雪をながめながら何を考えているのかな?

そんなことが想像できる作品になったでしょうか。

 

 

さて、昨年、今年と2年がかりで展開された企画展

昨年の企画のブログはこちら
http://kokuzi.com/2018/07/08/nikkoku2018-3/

 

今年はいよいよ本格的な立体に挑戦ということで
・針金に粘土をつけて立体作品にする
・丸太からチェーンソーやドリルなどを使って切り出していく
の2通りのアプローチです。

企画展の会場はこんな感じになりました。

 

 

 

こちら”佛”という字を例にとって、立体的につくっていく制作工程の説明です。

 

私は針金に粘土をつけていくやり方に挑戦
”好”
という字を作ってみました。

女がぐるりと手をまわして子供を包み込んでいる → 好き
のイメージなんですが、子供がETのようになってしまった!
あと、バランスをとるのがとても難しかったです。

 

色々な作品が生まれました。

 

いったい何の展覧会?
と不思議がられもしましたが、面白い企画だと好評でした。

 

この体験を、刻字作品にどう生かしていけるか?
楽しみです!!

 

 

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ