12月の書道の月例課題はこちら: 玄海811号  

早いもので、2017年もあと5日
年を越す前に、今年最後の玄海の課題をアップします。

 

12月の月例課題はこちら:玄海811号

規定課題の楷書 ”此蔭獨不衰”

月例課題は 陶渕明 の ”飲酒二十首  其の四”
をずっとやってきてますが、その月によって難易度もまちまち。

今月は ”蔭” がバランスが取りにくくて苦戦、
”衰” はいつも見慣れているかたちとはちょっと違うので書きにくかったようです。

 

随意課題はこちら


いつものように、上段 右端が ”王鐸”、 あとは ”王羲之・集字聖教序

下段は ”王羲之・蘭亭叙

蘭亭叙のなかで
楷書の課題で出てきた ”此” の行書体がでてきて、ちょっととまどったり、
縦に長く抜く左払いと、それと呼応して右側に開いて押し出すように書く独特の右払いに
苦労しながら、少しずつ慣れてきています。

 

研究課題はこちら  ”橘逸勢・伊都内親王願文

”無” にみられるような、下から引っ掛けて入る書き方がとても沢山でてきますが、
これがなかなか難しいです。

 

仮名課題 はこちら

細字課題 はこちら

 

級の方たちも、来年は徐々に条幅、仮名などにも挑戦していけると思います。

みなさんどんどん上達していくので、とても楽しみです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ