あっ、アマリリスが咲いている! 

アマリリスといえば、初夏に咲くユリに似たヒガンバナ科の大きな花
古代ローマの詩人ウェルギリウスの ”牧歌” に登場する美しい女羊飼いアマリリスの名前が由来だそうです。

その花言葉は、”pride 誇り” ”splendid beauty 輝くばかりの美しさ”
あと ”おしゃべり” というのはアマリリスの花が横向きにつき、となりの花とおしゃべりをしているように見えるから。

それから、アマリリスというと、小学校の音楽の教科書にのっていて、リコーダ-の授業でならった記憶があります。
(ソ・ラ・ソ・ド ソ・ラ・ソ ラ・ラ・ソ・ラ ソファミレミ・ド)

でも、私にとって今日咲いた純白のアマリリスは、”幻の花”

 

それは20年以上も前に、まだ元気で仕事をしていた主人の父が、初孫のお誕生日祝いにと買ってきてくれた鉢植え。

最初のうちは、毎年花をつけていたものの、そのうち冬は球根だけで姿を消し、春になると葉はでるものの花は咲かず、、、
なんとなく軒下にほおっておいたまま。

それが今朝、ちょっとひ弱ではあるけれど、2輪の純白の花を咲かせてスッーとたっている姿が目にとびこんできたのです。
全く手も掛けずにほったらかしだったのに!!

“あっ、アマリリスが咲いている” と思わず叫んでしまいました。
なんだか父がちょっと励ましに帰ってきてくれたみたい!

そのころのことが走馬灯のように蘇り、懐かしさにつつまれました。

 

でも、夕方にはもう枯れてしまって

うちのアマリリスの花言葉は ”いつも見守っているよ” かしら。

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ