5月の書道の月例課題です。

初夏の緑がきれいな季節になりました。

5月の書道の月例課題はこちら : 玄海804号

 

新学年が始まって一か月半、新し環境にも慣れてきた頃でしょうか。

月例課題の提出期限は、確実にやってきます。

 

今月の規定課題の楷書

今回は、お教室に入られて3カ月、楷書基礎帖を終了した生徒さんが、玄海誌に10級で初出品、めでたくスタートを切られました。

課題の出だし ”徘徊” がギョウニンベンが二つ続くのと、旁のバランスがとりにくい字なので一苦労、あとはやはり “定” の右払い で苦戦してました。
特に初心者の方は、上手くいくときといかない時がある、これは練習あるのみですね。

 

次は研究課題の ”伊都内親王願文”

これは上級者しか出していませんが、筆使いが難しいです。

 

随意課題は、

上段右が ”王鐸”、 中・左が ”王羲之・集字聖教序”

そして下段、今回2名の方が ”王羲之・蘭亭叙” で行書初挑戦です!
事前にウォーミングアップで連綿の線をひく練習をしてから書き始めます。
徐々にコツをつかんで、楷書・行書を書き分けられるようになりますよ!

 

それから 細字課題

 

仮名課題 と 実用書課題

 

条幅課題も書いてみました。
一行目と二行目の出だしが変化がつけれれなくて、、、
ちょっとダイナミックさに欠けますね。

 

 

月例課題って期限もあるし、100%満足のいくものを出すということはなかなかできないですが、
とにかく継続して練習していくことで、一つずつ着実に身についていくものなので

楽しみながら、頑張って練習していきましょうね!

 

 
最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ