書道講座 入門編 (楷書 基礎点画 1)

今日は! 書道・刻字家の”Kousyu”です。

ウォーミングアップの”グルグル円”と”横線・縦線”の練習は如何でしたか?

さて、いよいよ楷書の基礎点画をはじめていきます。

私の教室では、最初に、私の所属する書道会の創立者の先生が書かれた ”楷書基礎帖” をベースにして、基礎点画の習得をしていきます。

楷書基礎帖_表紙

第1回目は ”横線 3本” と ”縦線 2本” です。

第1回目 PART1 (横線 3本 を書きましょう)

まず、横線は

≪(起筆)時計盤で10時と11時の間の方向からトンと入りちょっと押し上げてスタートし、(送筆)右に一定の圧力をかけて引いていき、(終筆)入筆した時と同じ方向になるように筆を合わせる≫

のが基本です。

これをちょっと発展させて、漢数字の ”三” を書いてみましょう。

この3本の横線はそれぞれちょっと違う書き方をします。

一番上の横線 仰勢(上向きに)

真ん中の横線 平勢(真っすぐ横に)

下の横線 覆勢(一度ちょっと上向きにスタートし、真ん中より少し前の位置から今度はぐっーと弓を引くよくに引っ張り、最後は起筆の高さにもどって終筆)

と呼びます。ただし

“穂先(筆の先)はを通る”

ということは共通です。

たかが 三 、されど 三 。

横線はこの3パターンをしっかり習得していきましょう。

 

 


第1回目 PART2 (縦線 2本 を書きましょう)

次に縦線、

≪横線の時と同じように起筆し、今度は下にむかって送筆し、終筆は止める、もしくは抜く≫

の2パターンです。

終筆を止めるパターンは、横画と同様で、入筆と同じ角度になるように合わせます。

終筆を抜くパターンでは、あまり早く抜いてしまわずに、縦棒の2/3くらいまではしっかり送筆し、あとはゆっくり引き上げる感じです。

いずれにしろ

“穂先は、ほぼ左を通る”

ことを意識してやってみてください。

最後に横線・縦線のコンビネーションとして ”土” と ”十” を書いてみましょう。

”土”のように横線が2本の時は、上は仰勢、下は覆勢となり、”十”のように横線が1本のときはほぼ覆勢となります。

”十”の縦線はゆっくりと抜いています。

とにかく、横線・縦線は字の骨格をなす線なので、しっかり書けるようになることが大切です。

心を落ち着かせ、焦らず、筆のバネを生かした線が引けるといいですね‼︎

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓


書道 ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ