色紙に ”和顔施(わがんせ)” を書いてみました!

お知り合いの方から 色紙の手本を書いてほしい との依頼が飛び込んできました。

字は ”和顔施”

どの様な方に差し上げるのか、そしてこの言葉を選んだ理由
をうかがったところ

居酒屋の女将さんで、独り身で苦労して子供さんを育て上げ、お孫と一緒の写真が素敵だったのでプレゼントしたいとのこと、
言葉は、瀬戸内寂聴さんが言っていたのが印象に強く残っていただので
ということでした。

 

”和顔施(わがんせ)” とは仏教用語で

ー智慧や財力がなくても、見返りを求めることなく善行を行うことで、良い運を授かり、幸運がもたらされる

という 「無財の7施」 <眼施・和願施・愛語施・身施・心施・床座施・房舎施>

の中の一つだそうです。

瀬戸内寂聴さんも好きな言葉としてあげておられ
ー誰に会ってもやさしい表情を見せることで、相手の心がなごむー
とおっしゃっていたとか。

 

なるほど、今回のお贈りするお相手のかたにぴったりの言葉ですね!

 

ということで、

書体は柔らかい行書がいいかな、字のレイアウトはどうしようかな

女将さんのお孫さんと一緒にいるときやお客さまへの笑顔、
でも芯は気丈なかたなんだろうな

と想像をめぐしながら、書いてみたのがこれです。

円相はその方の心の円満さを表わせたらいいな、と思って。

 

 

さて、どうでしょうか?

ご依頼者に気に入っていただけるといいなー!

 
最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新通知

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ