「書道」の記事一覧

榎倉香邨の書-炎と山河-<東京展>を観てきました!

東京銀座画廊で行われた 仮名書道家 榎倉香邨先生の 榎倉香邨の書-炎と山河-<東京展> を、最終日に観てきました。 榎倉香邨先生といえば、関西仮名の大御所。 仮名は専門外の私ですが、是非拝見したいと上野の東京・・・

書道講座 入門編 (楷書 基礎点画 1)

今日は! 書道・刻字家の”Kousyu”です。 ウォーミングアップの”グルグル円”と”横線・縦線”の練習は如何でしたか? さて、いよいよ楷書の基礎点画をはじめていきます。 ・・・

恩師との出会い その3(書の恩師)

やりたいと思い立ったら、まず始めてみよう! 私は、ちょうど2歳半違いで3人の子供に恵まれました。 一番下が幼稚園に入園したとき、”お母さん先生”の勧めもあり、子供を対象とした書道塾をはじめました。 さて、指導に困ったのが・・・

書道講座 入門編 (ウォーミング アップ)

今日は! 書道・刻字家の ”Kousyu” です。 これから、書道の基礎講座を始めていきたいと思います。 まずは、ウォーミング アップ から   さあ、これから書道を始めていきます。 まずは姿勢を正・・・

恩師との出会い その2

お稽古は初めが肝心! 継続は力なり!! (”寿” 楷・行・草・隷 四体)   私は13歳からお習字を習い始めましたが、最初についた先生は篆刻家でいらしたためか、楷書・行書・草書と並行してかなり早い時期から隷書を・・・

書道教育って大切ですよね!

ピンチヒッターで、老人介護施設の書道クラブで使うお手本の依頼がきました。 私の母もお世話になっていますが、老人介護施設には結構色々なクラブ活動があって、その中でも”書道クラブ”って結構人気ありますよね。 私は施設に教えに・・・

刻字って何?

私達が考える現代の刻字とは、”自書自刻”-自分で書いた字を自分で彫る- そして彩色をしてオリジナル作品として創り上げたものです。 まあ、刻字を字を彫ったものと定義するのなら、中国の殷の時代の甲骨文が発祥といえ・・・

刻字との出会い

“書の道は険し、刻字は楽し” これは私の最初についたお習字の先生の言葉でした。 私は中学に入学と同時に、それまでいやいや習っていたピアノをやめて、その代わりに大好きな書道をはじめました。 門をたたいたのはご近・・・

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ