墨刻会展を拝見してきました!

”第23回 墨刻会展” が
2019・10-21(月)~26(土)
竹橋の 毎日アートサロン で開催されました。

 

墨刻会は、日本刻字協会に所属する刻字をメインに活動している社中で、
毎年この時期に、竹橋の毎日新聞社1階にある ”毎日アートサロン” で社中展を行っています。

いつも、その年のテーマに合わせて、工夫を凝らした作品が見られるのが楽しみなんです。

 

まずは 会長の 佐川雲窓先生の作品がお出迎えしてくれます。

 

ちょうど来年は子年、佐川先生は年男になられるそうで、果たして子は何匹いるのかな?

一匹だけ雌がいるんだけど、どれかな?(これ 冗談です)

などと楽しお話しを交えて、作品を紹介していただきました。

 

 

 

さて、こちらが、今年のテーマ ”甲骨文字に挑戦”

甲骨文字ということで、板の形も骨や亀の甲羅をおもわせるようなものもあり、

一つ一つは小さい作品ですが、ずらっとならぶと圧巻です。

 

 

みなさん、甲骨文字に思い思いのアプロ―チをされていて、見ていて楽しかったです。

 

作品つくりって結構生みの苦しみがあるのですが、

まずは、自らが楽しむこと、これって大事ですよね!!

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ

刻字のワークショップ・書道教室の体験は随時受付けてます。
こちらからお問い合わせくださいませ。
↓ ↓ ↓
1221ikeyama@gmail.com

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ