「日本を愛してくれてありがとう展」IN チェコ(ドレスデン観光とBQ)

前日の夕方、ラッシュの中をプラハ市内にはいり、郊外のホテルに宿泊
今日はお隣の国 ドイツの ドレスデン への一日観光です。

 

ちょうど今、プラハで春の音楽祭がはじまっているということで、市内のホテル料金は通常の倍
しかたなく今回は車で40分ほどの、ちょっと郊外のホテルに宿泊です。

お天気にも恵まれ、ドイツのドレスデンに向けて、高速を走ります。
のどかな田園地帯を2時間あまり走ると、もうドイツ
国境越えなど全く気付かないうちにドイツに入国です。

さすが、EU連合になってから、通貨や行き来はとても便利になりましたね。

ドレスデンの旧市街は現在はとても美しい姿ですが、第二次世界大戦でほとんどが崩壊し、
クリスティーナさんが子供のころに訪れた時にはまだその瓦礫の山が「戦争の傷跡」として放置されていたといいます。
本格的な再建工事がスタートしたのは東西統一後の1994年以降。
できるだけオリジナルに忠実に再現され、今ではすっかりバロック様式の美しい街並みです。

今はかつて破壊されたことがあるなんて信じられないくらい、立派に再現され、観光のメッカとなっています。

観光バスが連なり、色々な国からの観光客が後を絶えません。

 

エルベ川です。

 

こちらはレストランやお土産やさんが集まってます。


ランチはいかにもドイツらしい一品をいただきました。

 

さて、ここまでは観光客だった私たち、

今晩はクリスティーナさんのお宅でバーベキューをしてくださるという話が突然きまり、急遽スーパーへの買い出しへと変身です。

こちらはモール内にある大きなスーパー、

バーベキューに必要は食材はすべてそろいます。

 

さあ、プラハにもどりましょう!

 

クリスティーナさんのお宅はプラハの市街地から車で約30分の郊外の村にある閑静な一戸建て

以前はプラハ市内にお住まいだったそうですが、お母様の足がわるくなったのを機にこちらに転居なされたそうです。

 

この広いお庭、鳥のさえずり、さすがにちょっと旅疲れしている私たちにとってはまるで天国のようです。

お庭には野菜を育てるハウスもあり、とれたての食材でのおもてなしです。

こちらがキッチン

 

今の季節、クリスティーナさんの一押しは白アスパラガス
スーパーで買いこんできた白アスパラガスの表面をピーラーで削って
アスパラガスをたてたままいれられる専用の長い鍋にいれて茹でます。

茹で上がったら オランダソースをかけて はいどーぞ
初めてオランダソースというものを知りました。
スーパーにうってるんですね!
簡単だけどさすが旬食材、絶品です。
疲れた胃にも有難いです。

あとはおおきなマッシュルームの皮をむいて、簡単な下ごしらえ終了

バーベキューはご主人様がサービスしてくださいました。

楽しい会食のあとは
素敵なお宅をちょっと拝見

 

 

 

やはりプラハの街中はとても便利だったそうですが、こちらに引っ越されて、
このお住まいから鋭気をもらうとおっしゃってました。

わたしたちもすっかりくつろがせていただきました。

ご自宅にご招待いただき、本当に有難うございました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ



	
	

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ