「日本を愛してくれてありがとう展」IN チェコ(リトミシェル-ワークショップ)

リトミシェル滞在2日目
いよいよワークショップのはじまりです。

午前中にリトミシェルの観光を終え、昼食後、ワークショップ会場にはいります。

こちらが今回のワークショップを行う美術学校

 

一回20名の席を用意し、一応2回体制んで臨むように準備をして参加者が来るのを待ちます。
何人くらいきてくれるかな?
と不安まじりで準備をすすめていたら、予想を超える人が集まってきてくれて
いよいよワークショップの開始!

まずは、クリスティーナさんが漢字の意味をチェコ語で表記してくれたボードをみて、各自何にしようかを決め

 

こちらで昨晩書いた手本の中からお好みのものを選び、

 

机にもどって一人に5枚配られている半紙にまずは練習
はじめて墨と筆を使う人もいるので、皆さん真剣です。

私たち講師陣も各々一列を担当してサポートします。

 

 

さて仕上げは、持参のTシャツや布への揮毫です。
写真左側が、今回の旅のチェコ側のコーディネーターのクリスティーナさん

 

裏や周りを汚さずに作品を書くのに、気を使います。

仕上がったら列ごとに前にでて、ご自分の名前と作品披露、講師がコメントを添えます。

出来上がった作品を持って記念撮影!
やはり、選ばれた漢字は ”愛” が圧倒的に多かったです。
これは世界共通のようです。

予定通り2回のスケジュールでまずは無事ワークショップが終了したことを喜び合います。
今回参加してくださった生徒さんたちにとって、よい思い出になってくれれば嬉しいです。

皆様お疲れさまでした。

さて、一息つく暇もなく、次は展覧会会場へと場所を移します。

続きは次のブログで!!

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ



	
	

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ