2018年1月の月例課題はこちら:玄海812号

新年があけ、東京も1月から雪がふり、その後寒い日が続いてますね。

あっという間に2月に入ってしまいましたので、急いで玄海1月の課題をアップします。

 

2018年1月の月例課題はこちら:玄海812号

 

 

 

規定課題は 楷書 ”託身已得所

規定課題は 陶渕明 の ”飲酒二十首  其の四” をずっとやってきてますが、
今月は (すでに)が落とし穴
(コ・おのれ)でも (み)でもない間違いやすい字ですね。

それと、最初の ””の最後のはねが、ストロークが短いのでみなさん苦労してました。

 

随意課題はこちら

いつものように、上段 右端が ”王鐸”、 あとは ”王羲之・集字聖教序

下段は ”王羲之・蘭亭叙

集字聖教序は、今回の臨書の字配りがちょうど大きいものが集まってしまい、なかなかまとまらなかったようです。
蘭亭叙は、右払いなどやっと慣れてきた感じですね。

 

研究課題はこちら  ”橘逸勢・伊都内親王願文

まずは 形臨。それでも難しい。

 

仮名課題 はこちら

 

細字課題 と 実用書課題 はこちら

 

月例競書では、10級からスタートし、1級までは規定課題・随意課題のどちらかで成績がよいと昇級していくのですが、1級から準初段、そして昇段していくには、昇段試験をうけないと上がれなくなります。

そして、試験のなかには条幅が含まれるので、そろそろ次の段階として、条幅に挑戦する時が迫ってきてます。

頑張りましょう!!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ



	
	

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ