自宅にて、刻字のワークショップを開催しました!(第三弾)

刻字のワークショップ第3弾を先月開催しました。

今回の参加者は女性4名

N.Iさんと お友達のS.Kさん
C.Oさんは、このブログを観てワークショップに参加したいとメールをくださった初めての方(ブログ書いててよかった!)

以上3名は、これまで同様に、サムホール版の石膏ボードに好きな文字を彫ります。

そしてもう一人のM.Yさんは、表札に挑戦です。

1:まずはどんな字を彫るかを考えて半紙に練習します

みなさん、私のブログの サイドマップから  ”ワークショップ” で検索して
1回目・2回目を事前にみていただいているので、
あらかじめ彫りたい字は考えてきてくださってます。

N.Iさん  ”芳一”
ご主人さまのお名前です。
隷書体で堂々とした感じの作品にします。

S.Kさん  ”還”
ちょうど翌日がご主人さまの還暦のお祝いで、其の時に記念としてプレゼントなさりたいとのこと。
金文で絵画的な作品にします。

C.Oさん  ”奏翠”
書道をやっていられるので、ご自分で書きたいイメージを持っていらっしゃいました。

M.Yさんは、表札をフルネームで
色々な書体で書いてみましたが、やはり安定感と味わいのある隷書体で落ち着きました。

2:背景の色を塗ります

なんと今回3名のかたが、背景を紺系の色を希望され、選んだ色が みなさん”鉄紺”

どうなるかなと思ったのですが、べた塗りにしないで、筆のタッチを生かすことにより、
同じ色でも違った雰囲気になりました。
これは絵の具を吸い込む石膏ボードの性質による面白さですね。

表札の方は、お好きな ラピスラズリ の色に近い コバルトブルーで決まりです。

 

3:チャコペーパを敷いて、書稿を鉄筆で写し取ります

4:彫刻刀で彫っていきます

石膏ボートの方:彫刻刀の平で

今回は字の内側を彫る凹彫りなので、先ず実線の内側約0.5mmくらいのところに捨て彫りを垂直にいれます。

内側をすくい取ります。

今度は実線のところに垂直に本彫りの刀をいれ、縦と横がぴちっとあうように仕上げていきます。

 

表札の方:彫刻刀のV字で

筋彫りといって、実線のところをV字の彫刻刀で彫って、筋をいれます。

 

5:彫った字の内側に色をいれます

石膏ボードの方:

それぞれアクリル絵の具のゴールド、シルバーを塗りました。

表札の方:

こちらはラッカ―の白を楊枝で少しずつたらしていきます。

一度塗って乾くのを待ち、2度目3度目と塗ると盛り上がってきます。
ここは時間がかかるので、ちょっと一日で仕上げるのは無理です。

後日もう一度来ていただいて最終仕上げをしました。

 

6:周りを整えて、完成です

 

こんな作品が出来上がりました。

N.Iさんの作品

≪ご感想≫
とっても楽しかったです!
自分のペースで出来て、いい時間を過ごすことが出来ました。
好きな文字を好きな色で作ることができて嬉しいです。

好きな言葉のストックを心がけておこうと思います。

 

―とても堂々とした作品にしあがりましたね。
ゴールドをぬったので、字の内側の彫りのタッチがきれいに浮かび上がって素敵です。

 

S.Kさんの作品

≪ご感想≫
心から楽しんだ一日でした。
彫刻刀を握ったのも小学生以来でしたが、物をつくることがこんなに心躍るとは・・・
本当にありがとうございました。

色々な文字を試してみたいなと思いました。

 

―ご主人様の還暦祝いにと、心をこめて作られた作品、素晴らしいプレゼントになったのではないでしょうか。
喜んでいただけたとうかがい、私も嬉しいです。

バックの筆のタッチによるストライプ、いい感じになりましたね。
落款もマッチしてます。

梵字を習われているとのことでしたので、また面白い作品をつくっていただければと思ってます。

 

C.Oさんの作品

≪ご感想≫
時間が経つのを忘れる程、夢中になって楽しく作ることができました。
ありがとうございました。

木を彫ってみたいです。

-とても安定した上品な作品になりましたね。
バックのタッチがとても一色とは思えない深みをかもしだしています。

是非、お時間ができたら、木に挑戦してみてください。
お待ちしてます。

 

M.Yさんの作品

≪ご感想≫

久しぶりに緊張感のある瞬間を味わえて楽しく過ごしました。
習字は奥が深くて素晴らしいと思いました。

娘がこの秋メジャーデビューするので、彼女の芸名をつくってみたい。
美しい文章をみつけたら書いてみたい。

 

―とても立派な表札ができましたね。
書体も味わいがあっていい感じ、やはり手作りのものは思いがこもっているので、一味ちがいます。

今度はお嬢様のメジャーデビューを記念しての作品ということで、私もイメージふくらませています。
楽しみです。

今回も、みなさん今、この時を作品に投影なさり、しっかり自己実現ができた記念となる作品になったと思います。
お疲れさまでした。

さていよいよ9月からは、来年お正月の日本刻字展にむけての作品に挑戦していきます。
これまでにワークショップに参加頂いた方は、是非挑戦してみてください。

刻字全く初めてという方でも、大丈夫ですので、もしご興味をおもちいただけたら

1221ikeyama@gmail.com

までご連絡いただければ、個別に対応いたします。

みなさん、参加をお待ちしてます!!

 

 

 
最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ