上野の東京都美術館の毎日書道展を観てきました!

毎日書道展はとても大きな公募展なので、六本木の国立新美術館だけではなく

一般入選の作品は上野の東京都美術館に展示されます。

生徒さん2名の作品はこちらに展示されているので、最終日に駆け込みで観てきました。

毎日書道展の一般公募の入選率は約50%といわれていますから、

半分は落選で、一生懸命つくったにもかかわらず、展示されずにそのまま手許に戻ってくるという 悲しい思いをします。

なので、入選おめでとうございます!!

 

作品はこちらです。

“切磋琢磨” (60代 男性)

 

“翼” (20代 女性)

 

ここに飾られる自分の分身、

こういう大きな会場で、沢山の作品の中でみると、
手元にあったときとはまた違った印象になりますね。

今回の作品の良かった点、改善点などをしっかり心に刻んで、
もう今から次回の作品の構想を練っていただければと思います。

 

 
やはり、公募展に挑戦するとなると、目的意識がしっかりして、
上達の仕方も加速度がつきます。

ですので、私の刻字教室では、
まず初心者のかたには 日本刻字展 の入選をめざしていただき、
経験を積んだうえで、大きい作品にも挑戦したい方には
毎日書道展にチャレンジすることを勧めています。
 

 
流れていく時間はとめられないけれど、
心をこめて創った作品の中には、その時の自分の想いがしっかり込められているので、
あとになって作品をみると、その時の思い出が鮮明に蘇ってきます。

是非ご一緒に挑戦してみませんか!!

 

 

 
最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ