こんな素敵な紅茶をいただきました!

お友達から、ムレスナティ―ハウスの新作の紅茶をいただきました!

入れ物がとってもポップで、一見中身が紅茶とは思えません。

 

中味はこんな感じ

”ブルービードロ” “キラキラ瞳のラズべリ―” などユニークな名前がついています。

 

これまで、ムレスナティー社といえば、紅茶大国スリランカでも屈指の紅茶メーカーで、
特にフレーバーティーには定評がある、くらいの知識しかありませんでしたが、

パッケージに書かれている文章がとても興味深く、その語りかける口調で、この商品のコンセプトをとても強く打ち出しているので、思わずムレスナ社ってどんな会社か、ググってしまいました。

 

 

ムレスナ社のフレーバーテイストは、どちらかといえば欧米人向けにつくられているようですが、

この ディヴィット.K さんが ムレスナティージャパンの社長で ティー・テイスター。

自らの手で日本人向けにブレンドしたフレーバーティーを次々と生み出しているんですね。

「日本のみの限定発売にてこの新作を発表します。」

という “日本のみの限定販売“ という言葉に私達って惹きつけられますよね。

それに社長自らのお言葉! 作り手の想いが、しっかり見えます。

 

そして、 個包装のパッケージの裏面では

“新鮮な紅茶が人の体の予防学として注目されるようになり” と切り出し、

高クオリティー を全面にうちだしています。

その根拠とて オゾンプロダクト
“レインフォレスト・アライアンスの認証をうけた マーク” で視覚にもうったえてくる!!

社会貢献、オゾン層にもやさしい とかなりせめてますね。

 

ここまで、商品の独自性をうちだしたマーケティングってすごいな!!

 

 

ともかく、まずは “キラキラ瞳のラズベリー“ を味わってみました。

ラズベリーの香り立ちがほどよく、フレーバーティーにありがちな甘ったるい感じもなくスッキリしていて
私は気に入りました。

最近はまっている 治一郎のしっとりしたバームクーヘン と合わせて、至福のひと時でした!!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ