有秀会展が銀座鳩居堂画廊3Fにてスタートです!

私の所属する書道会の社中展 ”有秀会展”が、

2/21(火)~26(日)まで

東京銀座 鳩居堂画廊3F にて開催されています。

この書展は毎年テーマを決めて、それについてどう表現するか知恵を絞るわけですが、今年のテーマは ”トンパ文字の世界を探る”

トンパ文字は、中国雲南省の少数民族ナシ族が現在も経典に使っている生きた象形文字

 

<2017/2/17のブログ:2017日本刻字展 私の作品は トンパ文字で”春夏秋冬”です> http://kokuzi.com/2017/02/17/nikkoku-2017/

で、刻字作品を展覧会の開催順で先にご紹介しましたが、書稿の原案はこちらの書展作品です。

 

今回のテーマでどんな作品を作ろうか考えたとき、

山岳民族という地の利もあり、めまぐるしい変化をとげている現在においても、その波に飲み込まれずに、幾重の廻りゆく四季を重ねながら、あたかも悠久の時を過ごしているナシ族の人々

そんなイメージを”春夏秋冬”で表現してみようと思いました。

 

どのような布字にするか

アイデアの段階では

こんなのや

廻る を表現するのに

 

とか、色々試行錯誤した結果

 

こんな作品が出来上がりました。

背景は空のイメージ、ちなみに中心は太陽を表しています。

”四季は廻る 悠久の時” という感じがでていますでしょうか?

 

今回、書作品と刻字作品を同じ書稿で作ったのは初の試みでしたが、比べてみて、全く違う雰囲気になりました。

2017日刻展作品: ”春夏秋冬”(トンパ文字”

書道、刻字のそれぞれのよさが表現できていたら嬉しのですが

如何でしょうか?

 

初日にご来場いただいたお客様からは

・トンパ文字というのを初めて知りました。

・象形文字なので、何をあらわしているのかを推測してキャプションの説明をみると、やっぱりそうかと、ゲーム感覚で楽しんで観られました。

・同じかたちでも色によって意味が変わってくるのが面白いですね。

など、楽しくみていただけたというご感想を頂戴いたしました。

 

会場風景と

先生方の作品もちょっとご紹介しますね。

 

 

是非、コメントいただけると嬉しいです!!

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓


書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ