光栄書道会 2022年9月 書道の月例課題はこちら:玄海868号

このところ急に気温がさがって、上に羽織るものが必要になってきました。

視覚障害のかたとのコラボ展が無事におわり、やっとこちらに手をつけられるようになりました。

気がつけば、もうすぐ10月の締め切り・・・

大変おそくなりましたが、 光栄書道会 2022年9月 書道の月例課題はこちら:玄海868号

規定課題は 楷書で ”在昔曾遠遊”

陶渕明 の 飲酒二十首 其の十の最初です。
” 在昔 曾(かつ)て 遠遊 し ”

意味はこんな感じ、
”むかし遠く旅に出て” (大野修作先生訳)


今月は  まず   の頭の開き具合で 中の幅が取れなくなるのが難かしかったですね。
あとは、しんにょう が二つ続くので 良い勉強になったと思います。


皆さんの一か月間の練習の成果がこちらです。


次に随意課題はこちら

自由課題の一つ   王羲之 十七帖 の中の積雪凝寒帖 の臨書が 3名
五十年中所無” と草書体で書かれています。
 の草書が分かりづらいですね。

張猛龍碑が 1名

あとは、吉田栖堂先生の本を手本とした行書千字文 が1名

蘭亭序の臨書が 5名

とバラエティに富んでます。


研究課題 はこちら
”米芾 ・中秋誌帖” 

6名が挑戦します。

先月から法帖が 中秋誌帖に変わりました。
”目窮淮海両如” と草書体で書かれています。
 の草書体が分かりづらいですね。

作品は みなさん いい雰囲気です。

細字課題 はこちら

今月は7名の参加、級位の方も2名参加してます。
先月に続き今回も行書なので、ちょっと難しかったですね。

仮名課題 はこちら

皆さん感じをつかんできましたね。
段の方 2名は
 小島切
臨書のやり甲斐があります。

級の方 3名は
 高野切 第三種
新しい方1名が昇級しました。

実用書課題 はこちら

課題は ”季節の詩を書く”
島崎藤村 の 秋風の歌 です。

3名が挑戦です。
秋ですねえ。

条幅部 はこちら

今月は3名の出品となりました。



   

さて、学生部毛筆課題 はこちら

触覚書道のグループ展のため、1回お稽古をお休みさせていただきました。

小学1・2年生が加わり16名の出品となりました。

学生部硬筆課題はこちら

課題は <お米を収穫するまで > についてです。

こちらは14名が参加しました。

ここからは、写真版になった作品の紹介です。

条幅部で 僭越ながら 私
講評: 穏やかな筆致で静かな流れを表出 詩意を捉えて快暢也

半紙部
規定課題で S.H.さん
講評:結体整い落ち着いた運筆佳


A.O.さん
講評:慎重に書し字形よく優美な作

隋意課題で S.O.さん
講評:運筆豪快筆勢のある張猛龍碑臨

研究部でも S.O.さん
講評 :遅筆ながら重量感横溢す

かな部では 10級の A.O.さん が頑張りました
講評:美しい線質で丁寧に纏めた作 今後が楽しみ

学生部では

まず 令和四年度 玄海全国書道学生誌上展で
<特賞> に A.Y.さん

<金賞> に M.Y.さん

<銀賞> に S.I.君

<銅賞> に H.K.さん、K.I.くん、T.I.さん

が入賞されました。おめでとうございます!

さて、毛筆部当選に
小学4年の M.Y.さん  と
小学3年の R.T.さん


硬筆部当選では
中学1年の A.Y.さん
小学5年の T.T. さん 


小学4年の M.Y. さん
小学1年の R.K.さん

が掲載されました。

写真版になった方々、おめでとうございます!

また、9月号には
私の第73回毎日書道展へ出品の刻字作品

第65回玄海全国書道誌上展への出品作品

が掲載されました。

あと今年も残すところ2か月余、頑張っていきましょう!!

*******************

最後までお読みいただき、有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: br_c_1746_1.gif

書道 ブログランキングへ

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ
”暗いところで光を反射し心と体を守るハートのリフレクターチャーム”
はこちらからご購入いただけます。

↓ ↓  ↓
刻・書・描アートへ

触覚書道刻字協会の ホームページはこちら
↓ ↓ ↓
https://shokkakushodoh.org/

刻字のワークショップ・書道教室の体験も再開してます!!
オンライン講座にも対応しています!

お問い合わせは コメント欄より お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ