STAY HOME 2020年4月 書道の月例課題はこちら:玄海839号

7月の毎日書道展も一年延期
光栄書道会のお稽古も、途中から通信添削に切りかえました!

 

今はとにかく STAY HOME

教室でのお稽古は、3月半ばでストップとなりましたが
皆さん頑張りました。

2020年の4月の玄海839号はこちら

規定課題は 楷書 ”帰鳥趣林鳴”

陶渕明 の 飲酒二十首  其の七 8回目
”帰鳥も 林におもむきて 鳴く”

意味はこんな感じ、
”ねぐらに帰る鳥が林を目指して飛んでゆく” (大野修作先生訳)

 

今月の課題は、
”帰” という字の偏と旁のバランスのとりかた
”鳥” と ”鳴” が横に並ぶので どのように書くか
”趣” の 取 の部分を 走 の中にうまく収めること
などの 注意が必要です。

今回も バランスをとるのが 難しかったですね。

 

 

 

次に随意課題はこちら

 

 

上段 右から ”何紹基・行草山谷題跋語四屏”(行草書)、”懐素・自叙帖”(草書)、”空海・風信帖”(行草書)

下段の右2つは ”空海・風信帖”(行草書)
左端は ”王羲之・蘭亭叙”(行書)

何紹基・行草山谷題跋語四屏 :今回は 筆という字がのびるので、纏めるのがむずかしかったです。
懐素・自叙帖:雰囲気はでてるかな。
空海・風信帖:あまり練習時間が取れなかった方は大変でした。
王羲之・蘭亭叙:今回で終わります。

 

 

研究課題はこちら

 

 

今年の研究課題は ”褚遂良・雁塔聖教序”
これを 一年かけて臨書していきます。

パッと見た目では、線が細く感じるので、
原帖をかなり拡大コピーして、皆さんにお渡ししてます。

今回は 左側に 常 がふたつあるので、丈が詰まってしまい、小さくなりがちなので、ちょっと横巾をとって書いて
と指導しました。

 

 

仮名課題  はこちら

雅印を押す位置も、考えます。

 

 

 

細字課題  はこちら

総勢6名に増えました!

みなさん、だいぶ慣れてきて、字粒がそろってきましたね。

 

 

実用課題 はこちら

こんな手紙を息子さんからもらったら、感動しちゃいますね!

 

 

今月の 条幅部 は

S.Oさん と KO さんのお二人

左の KO さん

このところの行書は 羊毛の長穂 を使ってますが
なかなか使いこなせなくて、苦戦してました。
やっと慣れて、まとまってきたようですね。

 

さて、学生部は

今回から、幼稚園の年長さんになった K.I君が参加します。

 

年下の子供がはいってくると、お兄さんたちは色々世話をしてくれて
これまでよりもしっかりしてくるみたいですね。

成長が楽しみです。

 

これから、大連休にはいりますが、今年はとにかく
STAY HOME

まずは、これまで、忙しい忙しいと見て見ぬふりをしていた 色々なことの
棚卸
そして、未来にむけての新しい体制づくりの模索

映画もみようかな!

 

 

 

最後までお読みいただき、有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ

刻字のワークショップ・書道教室の体験は随時受付けてます。
こちらからお問い合わせくださいませ。(今は通信添削と動画配信に切り替えてます)
↓ ↓ ↓
1221ikeyama@gmail.com

これまでの刻字のワークショップの模様はこちらからご覧いただけます。(落ち着いたらまた始めます)
↓ ↓ ↓

自宅にて、刻字のワークショップを開催しました!(第二弾)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ