まずは ”あるアゲハ蝶の一生” がはじまりでした!!(第一弾)

まずは
この世に生をうけて、精いっぱい生きぬいた
あるアゲハ蝶の一生
を紹介したいと思います。

 

”あるアゲハ蝶の一生 (イントロ)”

私の家には7歳を筆頭に3人の児童がおり、みんな虫とか大好き
あの絵本 ”はらぺこあおむし” も大のお気に入り

そこで、アゲハ蝶になるまでを実際に見せてあげたいと
レモンの鉢植え
を花屋さんで買ってきたのが一昨年の9月

一個だけ青い実をつけたレモンの木は、そのまま冬をこし、

沈丁花の香りが春を告げ、燕が巣作りをはじめ
春うららかな季節となり
レモンの木も 甘い香りの薄いピンクの花をつけ・・

この物語はここから始まります。

 

 

”あるアゲハ蝶の一生 (甘い蜜に引き寄せられて)”

玄関先においてあるレモンの鉢植え

青かったレモンの実もすっかり黄色く色づき
蕾が次々ひらいてきて、あたりは甘い香りに包まれます。

レモンって酸っぱい という感じしかなかったけれど、花はほんのり甘ーい

ある朝扉を開けると、一羽のアゲハ蝶が、甘い蜜に誘われて
蝶の舞
をみせてくれます。

シャッターチャンス!!

 

のどかな春の朝、小鳥のさえずりも聞こえます。

幸せな気持ちに包まれまた瞬間でした。

 

 

”あるアゲハ蝶の一生 (はらぺこ青虫)”

レモンの木を訪れたアゲハ蝶は、
蝶の舞 のあと
しっかり卵を産んでいきました。

 

 

2.3日すると、孵化して 黒い幼虫があらわれます。
でもまだ1mmくらい

それが、あれよあれよというまに 大きくなっていきます。

 

模様がみえるようになり

 

何回か脱皮して、はらぺこ青虫 になり

 

いよいよさなぎになる前は、本当にすごい食欲で
葉っぱも丸坊主にされてしまいそう!!

植木鉢のまわりには 丸い糞がいっぱいおちてます。

 

 

やさしく、ツンツンすると、オレンジの角みたいなのをだして、
ものすごく変な柑橘系の匂いを放ちます

 

 

 

そしてある日突然、さなぎになる場所をみつけるために
自ら旅立ち、いなくなってしまうのです。

どうにかして、羽化するところを、うちのおチビちゃんたちに
見せてあげたいのですが、、、

まずはここまで  次に続きます!!

 

 

 

最後までお読みいただき、有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ

刻字のワークショップ・書道教室の体験は随時受付けてます。
こちらからお問い合わせくださいませ。
↓ ↓ ↓
1221ikeyama@gmail.com

これまでの刻字のワークショップの模様はこちらからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓

自宅にて、刻字のワークショップを開催しました!(第二弾)

One Response to “まずは ”あるアゲハ蝶の一生” がはじまりでした!!(第一弾)”

  1. […] まずは ”あるアゲハ蝶の一生” がはじまりでした!!(第一弾) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ