刻字作品 ”不滅” ができるまで みせちゃいます (書稿と彫りの完成)

私が年越しで取り組んでいる
日本刻字展に出品する作品は

”不滅”

 

 

滅びることがない というと、とても強い感じがしますが
私のイメージとしては

”たとえその実態がこの世からなくなってしまっても、人の記憶の中では、永遠に生き続ける”
みたいな感じ

漢字の “不” が ”滅” を押し込むような、
呼応が面白い作品にしたいのです。

 

そして、できた書稿がこちら

 

 

紙からちょっとはみ出したり、お互いがせめぎあったり
そんなイメージをだしてみました。

 

これを、上から薄い和紙のとレッシングペーパーをのせて
字の輪郭を小筆でとり

同じ大きさの桂の木に貼り

トントン

とたたいて周りを彫っていきます。

 

 

この、彫る工程が、擦れの出し方なども考えながら
結構時間がかかり、ちょっと大変です。

 

 

新年早々の2日間で、やっと本彫りまで終わり、

残っている紙をはがして

箔を貼る部分に朱墨を塗って

どうでしょうか?


やっとここまでたどり着きました!

 

ここまでくれば、大体どんな感じに仕上がるか、予想もつくので
一安心

 

この時点で、手直しもできますし。

 

さあー 残された時間は あと三日!!

 

 

 

 

最後までお読みいただき、有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ

刻字のワークショップ・書道教室の体験は随時受付けてます。
こちらからお問い合わせくださいませ。
↓ ↓ ↓
1221ikeyama@gmail.com

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ