河口湖ミューズ館 与勇輝館 よかったです!

6月末、友人と一泊で河口湖観光に行ってきました。

 

お天気はこのところの何となく降ったりやんだり、
でもあまり傘のお世話にならずに、人出もさほど多くなく、じっくり回れたのはラッキーでした。

 

河口湖駅に降り立ち、15分間隔で運行されている 河口湖周遊バスのレッドライン に乗り込みます。

 

 

河口湖北原ミュージアム河口湖ハーブ館山梨宝石博物館
そして ちょっと戻って 河口湖ミューズ館

またレッドライン に乗り、今度は湖のほぼ反対側の 河口湖自然生活館 まで一気にすすみ、
ちょうどハーブ祭りがはじまっている 大石公園 と ハナテラス でのんびり

近くのホテル オーベルジュ マーメイド に宿泊
(ここのお食事、お野菜のうまみを最大限にひきだして、盛り付けも素敵、抜群です)

翌朝は早朝に湖畔とハナテラスを散策後
久保田一竹美術館河口湖オルゴールの森美術館河口湖美術館

とまわり駅にもとり、観光終了、

フ―ウ よく歩きました。

 

今回の観光で一番心に残ったのが 河口湖ミューズ館 与勇輝館

そのアプローチも 八木崎公園のハーブ会場と湖畔を散策しながらのちょっと距離があるのがいい感じ

 

ちょうどバラが花盛り

 

 

 

写真撮影可だったこの人形からもおわかりいただけるように、
その表情、しぐさは人間そのもの 演劇の舞台を観ているみたい

醸し出される ほのぼのとした世界観に なんか癒される

もうひとつの妖精たちのシリーズ

 

この妖精たちがあちらこちらを飛びまわっているようです。

 

人形の一体一体に込められた作者 与(あたえ)さん の魂が ビンビンと伝わってきて、でも気負いがなく 重くない。

友達に誘われて訪れたミューズ館、その衝撃はとても強烈でした。

これぞまさしく作家の仕事!!

いいものを観れて、体験を共有できて、大満足です。

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

 

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ



	
	

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ