第39回有秀会展の作品が 全日本美術新聞 で紹介されました!

2019/2・19-24に銀座鳩居堂画廊でおこなわれた
第39回有秀会展 に出品した作品 ”窓の雪” が
全日本美術新聞に掲載されました。

 

その作品とは―
こちら ”窓の雪”

 

全日本美術新聞 2019 4月号 No.787 中の 第39回 有秀会書展 のコーナー

 

コメント:
池山光琇作もユニークだ。濃墨の窓字から覗く淡墨の雪。マットの落としが更に効果を生み、「しんしんと積もる雪」を表した。

今回の有秀会展のテーマは ”「音」のバリエーション” だったので、何を表現するか色々悩みましたが、
自分の制作意図が見てくださった方にしっかり伝わり、さらに額装もマッチしてより効果を高めている
との講評をいただき、とても嬉しいです。
最後まで読んでいただき有難うございます。

 

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

 

こちらのショップの登録作家になっています。
↓ ↓ ↓
刻・書・描アートへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ