いよいよ第70回毎日展開幕 まずは東京都美術館から

このところの猛暑、皆さん大丈夫ですか!

夏といえば 第70回毎日書道展がいよいよ開幕です。
毎日書道展は会場と会期が分かれているのでちょっと大変。

まずは東京展出品の一般公募の入選作品が飾られている
上野の東京都美術館(会期:7/19~25)に行ってきました。

今年も2名の生徒さんが、刻字部門で入選を果たしました!

出品数がとても多いので、まずは入口でお目当ての作品が何番の部屋にあるかを調べてメモしておきます。

最初のブースにある 毎日書道会理事・監事の先生方の作品をみながら会場内を進んでいたら
今回3度目の入選をはたしたNさんにバッタリ、一緒に会場を回りました。

 

そのNさんの作品 がこちら  ”則天去私”

 

 

意味は ”私心を捨て去り天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと” 夏目漱石が晩年に理想とした境地だそうです。
作品のサイズは 額寸法が 61cm × 135cm

金石文調で、ゆったりと趣がある字で書かれており、凸彫りの表面にもちょっと彫りをいれて、朱の赤が見えるところが
作品により立体感を感じさせる、
そして色もプロシアンブルーで落ち着いていて、なかなか良い作品に仕上がっていると思います。

 

 

もう一人のMさんの作品はこちら “朧月夜”

 

歌の題名と歌詞の一部を現代風にアレンジしてあります。

この方は刻字での入選はもう8回目、声楽家なので毎年その時に歌っている曲の詩を取り上げ
思い出に残る作品を作っています。

そしてなんと今回は、書の漢字1類(多字数)部門で3回目にして初入選を果たしました。

限られた時間のなかで、よく頑張りました。やはり入選して飾られるのってうれしいものですよね!!

 

この展覧会に向けて頑張って、入選をはたすことができて、お二人ともおめでとうございます。

 

 

さて次は、六本木の国立新美術館で後期日程で 7/25からスタートする私の刻字を見に行く予定です。

また今度ご紹介しますね!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ



	
	

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ