イタリア映画 ”修道士は沈黙する” を鑑賞しました!

イタリア文化会館では、イタリアに関する色々な情報を発信しています。
その中の一つとして紹介されている
イタリア映画 ”修道士は沈黙する” を観てきました。

 

3/17よりミスエリアスにロードショー

これまで意識してイタリア映画を観にいったことはなかったのですが
なんか面白そうなので、さっそく予約をいれました。

上映されているのは、渋谷 文化村 ル・シネマ

イタリアの鬼才 ロベルト・アンド―監督のもと 豪華俳優たちの競演
ということで、期待が膨らみます。

ドイツのバルト海に面した高級ホテルでくりひろげられる G8財務相会議。
会議の朝、死体となって発見されてたIMFのロッシュ専務理事、果たして自殺か他殺か?
社会派ミステリー

ロシュに招待客として招かれた修道士の眼を通して、会議に集まった各国を代表するエリートエコノミストたちのの良心が問われます。

ロケ地の美しさもあり、印象的な映像、練られたストーリー展開
そして、ロベルト・アンド―監督がそれぞれの国の人をどのようにとらえているのかが見えて、興味深かったです。

ちゃんとオチもついていて。

 

ちなみに、日曜の最終回と火曜日は ¥1100 で鑑賞できます。

ちょっと得した感じ!

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ