“浮世絵にみる 多摩川と武蔵国の記憶” at 泉の森会館 in 狛江

小田急線狛江駅北口徒歩1分のところにある ”泉の森会館”で
2017/10・13(金)~25(水)
斉藤文夫コレクション ”浮世絵にみる 多摩川と武蔵国の記憶”
が開催されています。

 

 

この泉の森会館の館長さんが、同じ刻字のお仲間なので、ご案内をいただき
拝見してきました。

 

多摩川にまつわる浮世絵と、その流れを汲む近代の版画がテーマ別に分け見やすく展示されていました。
歌麿、北斎、広重の有名な絵師による多摩川づくしを、川崎・砂子の里資料館(斉藤文夫コレクション)からえりすぐって紹介しており、
人々の生活に密着した郷土愛がかんじられる素敵は作品がそろっていました。

ご興味がありましたら、是非 どうぞ!!

 

 

 
最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ