7月の書道の月例課題はこちら:玄海806号

東京は蒸し暑い日が続きます。
北九州のつぎは秋田で集中豪雨、穏やかではない日本列島の天気す。

粛々と続けられるのは有難いことで、玄海806号、7月の月例を提出しました。

7月の書道の月例課題はこちら:玄海806号

 

規定課題の楷書 ”厲響思清遠”

最初 ”” が読めなくて・・・ ”れい” 確かに ”励” の偏の部分だと思えば結びつきますね。

今回も一行目で四苦八苦、特に書道歴の浅い生徒さん達、すっごく練習しまして、どうにかここまでにまとまりました。
特に ”” と ”響” のバランスのとり方には苦労しました。

あとは、 シタゴコロ シンニョウ といった基礎的な部分も、うまく出来る時と出来ない時があり、
その都度基礎に戻って部分練習をくりかえしました。

 

 

随意課題

いつものように、上段 右端が ”王鐸”、 あとは ”王羲之・集字聖教序

下段が ”王羲之・蘭亭叙
こちらは行書3回目、行書の筆使いに少しはなれてきたと思いますが、
今回は ”” を平たくするのと、
” 冠の左と右の特徴的なアンバランスに、ちょっと戸惑っていました。

 

仮名課題はこちら

 

細字課題 と 実用書課題 はこちら

みなさん、暑い中ご苦労さまでした。

 

第69回毎日書道展も六本木の国立新美術館で開催されている前期展は今日で終了、すぎてしまうと早いものです。

上野の東京都美術館の方は 明後日25日(火曜) まで、
こちらには、刻字の生徒さん2名の作品が飾られています。
最終日は午後2時半で閉館になるので、それまでには行ってこようと思ってます。

また、このブログで紹介しますね!

 

 

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓

書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ