刻字との出会い

“書の道は険し、刻字は楽し”

これは私の最初についたお習字の先生の言葉でした。

私は中学に入学と同時に、それまでいやいや習っていたピアノをやめて、その代わりに大好きな書道をはじめました。

門をたたいたのはご近所のおじいさん先生!

ところが結構有名な篆刻家で、1970年発足の日本刻字協会の発起人のお一人だったのです。

そんな先生の元で6年間習字をならっていたわけですが、大学生になったとき、刻字の世
界にも足を踏み入れることになったのです。

 

それから40年余り、紆余曲折はありましたが、辛いときには自分の精神的な支えになりました。

今ではすっかり刻字に魅了され、多くの方々に刻字の魅力を伝えていくのが私のライフワークとなっています。

そう、先生との出会いがすべての始まり、 ご縁ですね!

 

世界でただ一つのあなただけのオリジナル作品をつくって、ご一緒に自己実現をしてみませんか?

最後まで読んでいただき有難うございます。

ブログランキングにご協力いただけると嬉しいです。
よかったらここをポチっと押してくださいませ!!
↓ ↓ ↓


書道 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ